読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっきーの日常

なんか、気分でてきとうに書いてます!

なぜ日本で世界を変える大きなビジネスが少ないのか

スティーブ・ジョブスとか、ビルゲイツとか、ザッカーバーグみたいな、誰もが知っている起業家になんで日本人がいないのか!

 

それは、発言やアイデアに対して、発言やアイデアのみをみたり、発言やアイデアを受け入れる文化が日本に少なないからだと思う。

発言やアイデアを口にすると、それをやらなくちゃいけなかったり責任がついてきたりする。

時間がなかったりお金がなかったり、そもそも実行にうつす気持ちも、本人には、そんななかったりすることもある。

ただ、その小さなきずきやアイデアが、もしかしたら、世の中をよくするきっかけになることもあるかもしれない。

イデアそのものがすばらしければ、それに協力してくれる人がでてきて、自分で動かなくても現実になり、世の中が少し良くなることもあるだろう。

 

発言やアイデアに対して、誰が言ったかを気にして、発言やアイデアそのものに目を向けない。

今のお前の話しなど、誰も聞いてくれないなど、アイデアや発言を受け入れもせず、否定してくるようなの大人は、考える力を奪う最低な大人だ。

 

イデアに対して、それを現実にうつすためには、こういう問題があるから、難しいね。

などという言葉も、そこで1つのきずきやアイデアが消えてしまったりするから、それもナンセンス。

現実に掘り下げて色々考えるだけの力のある人には、いいかもしれないけど!!

 

1つのアイデアをもらったら、そこに至った、きずきや想いに対してアプローチして、そのアイデアや発言をそこで消してしまわないようにすることが、良いのではないかと思う!

 

自分の中に留めていては、何も始まらないし、もったいない。

陰口を叩かれないように、実力をつけてからなんて考えてたら、すぐ年をとる。

自分の立場など、関係なく、きずいたことややりたいことや不満は、言わなければそこでわすれてしまう。

 

発言やアイデアを、消してしまわないような、聞く人の姿勢が変われば、もっと日本が明るくなるとおもう!